MENU

(男)前髪が薄い恐怖


元々は横着で毎朝ヘアースタイルを整えるのが面倒だった事から始まったんですが、ずっとオールバック自分の定番のヘアースタイルとなっていました。

 

結婚3年になる妻も、この髪型を気に入ってくれています。
「ロマンスグレーになっても素敵かも」
なんて言ってくれていました。

 

その前に体形が変わってしまうかもしれないし、ハゲる可能性だってあるよねと笑い話にしていましたが、どうやら最近笑えない状況となってきてしまいました。

 

おでこが年々広くなり、前髪からハゲ上がってきてるようです。
さほど執着はないつもりでいましたが、ハゲるかもしれないと思うと焦ります。まさかこんなに早くその日が来るなんて・・・。

 

額の広さは顔の印象を作りますから、このままハゲが進行すると大変な事になりそうです。
妻に相談すると、「そんなに気にする程でもないけど」と、案外あっさりと聞き流されてしまいました。

 

やっぱり頼れるのは自分だけだと少々裏切られたような気持になりながら、前髪が薄くなる原因について調べる事にしました。

前髪が薄くなる原因

前髪の薄毛はAGAと呼ばれる「男性型脱毛症」の典型と言えるそうです。
そして進行も早いのが特徴と言えます。
とうとう来たのかという、ちょっとした覚悟が要りそうですよね。

 

AGAの原因は遺伝や男性ホルモンの影響などとされています。

 

遺伝はあくまでも可能性が高いというだけで、必ず代々薄毛になるとは限らないそうです。
ただ親族で薄毛の人がいる場合は予め注意しておく事は出来ると言えますね。

 

さらに生活習慣やヘアケアの方法が間違っている事も考えられます。
お酒の飲み過ぎ喫煙はもちろん、偏った食生活も髪に良い影響はありません。

 

最近ではパソコンやスマホなどで、目を酷使している事も薄毛の原因と言われています。
目の周りの筋肉をがこる事で、血行不良となり目に近い前頭部の育毛の妨げとなってしまいます。

 

私の場合は思い当たる薄毛の親族はいませんが、仕事柄目は酷使していると思います。
AGAも30代半ばであれば症状が現れてもおかしくないですよね。

前髪を甦らせる方法

AGAで悩んでいる場合、最近では病院に行く事も選択肢の一つになっていますよね。
医師に相談して適切な処置をしてもらうのは安心出来ます。

 

でもまだ結婚して3年ですから、そこまで自分の髪にお金をかける勇気がイマイチ持てないのも本音です。

 

まずは思い当たる原因に対処をして、それでも抜け毛が治まらないようであれば、
病院に行く事も考えていこうと思います。

 

結婚してからの生活習慣はたまにお酒を飲み過ぎる程度で、さほど乱れていないと思います。
ただタバコはなかなか止められず、妻にも禁煙を勧められていましたから、この際前髪の為にも頑張ってみようかと思います。

 

目の酷使は改善したくてもパソコン無しでは仕事になりませんから、困りものですね。
出来るだけ連続してパソコンを見続けないように、時々は目を休めるようにしてみます。
ホットタオルで温めると目の筋肉のこりに良いそうです。

頭皮のスキンケアも大切

ヘアケアについても見直しをした方が良いですね。

 

シャンプーは妻愛用のいい匂いがする物を自分も使っています。
最初は女性物のシャンプーを使うのは抵抗があったんですが、一緒に暮らしている内に面倒になってしまったんですよね。

 

薄毛に優しい成分の物で自分用の物を探してみようと思います。

 

洗い方も強くこすり洗いをすると頭皮を傷つけてしまいますから、優しく丁寧に洗う事が大切です。
指の腹でマッサージをするのも、血行促進になって良いそうです。

 

頭皮を保湿してあげる事も良いと言われています。
色々調べてるうちにわかったんですが、薄毛の対策は若いうちから始めた方が復活させやすいそうです。
だったら悩んでる場合じゃないなと思い、ネットで評判の良い育毛剤をさらに調べてみました。

ミノキシジルという成分は育毛剤にはよく使われてますが、それよりも効果が高いキャピキシルという成分配合の育毛剤がいいそうです。
そこでキャピキシル配合の「THE SCALP 5.0C」という育毛剤を買ってみました。
色々あるので迷いましたが、もし気休めで終わってもこの商品なら返金保証が付いている分安心出来ます。

 

早速使い始めると、サッパリとした付け心地で悪くない感じです。
20日程使っていくと、以前より抜け毛が減ったように思います。
色々と試した結果が出たのかと嬉しくなりました。
妻に話すと「髪がなくなったって、そんな事気にしなくてもいいのよ」と遅い慰めを受けました。
前髪復活の兆しが見えた私は「ハゲるわけないじゃん!」と強気な事も言えるようになりました。

 

THE SCALP 5.0Cの公式サイトはこちら
http://tha_scalp.jp/